YoYoYoY Blog

ハッピーバースデー俺

 

Bose Solo 5 TV sound systemを買ってみた。

f:id:yoooooemin:20180903005829j:plain

こんばんは、織田檸檬です。
ふとテレビの視聴環境を良くしたいなと思いたち、この度サウンドバーを導入しました。
今回買ったのはボーズのSolo5。
以下レビューをしていきたいと思います。

○ 見た目とかそこらへん

見た目や実際の音は、もうすでに大物ユーチューバーによってレビューしつくされているので、割愛します。
お好みのレビューをご覧になってください。


www.youtube.com


  Bose Solo 5 TV sound system のレビュー動画 検索結果



○ ややこしいレビュー

f:id:yoooooemin:20180903012719j:plain

1:導入する目的を考える

まずこの製品、価格が3万円します。
学生やド貧乏でない限り、買えなくはない金額ですが、失敗はしたくない金額でもあると思います。

なのでまず自分が買うべき人間なのかを確認する必要があります。

この製品はテレビから鳴る音を良くするものです。
なのでテレビの音なんかどうでもいいです、っていう人は買ってはいけません。

また逆に大豪邸に住んでいる方も買ってはいけません。

なぜなら大豪邸に住んでいる方なら、お金をふんだんにかけてちゃんとしたホームシアターシステムを組んだほうがいいからです。

この製品は、ホームシアターシステムを組むほどお金はないし、家も広くないし、隣人との関係も気になるし、
でもテレビの視聴環境をできるだけ良くしてQoLを上げたい、と思う人が検討すべきもの
です。

持ち家で、どでかい部屋がある方は、おとなしくサブウーファーと7つスピーカーを用意して、システムを組みましょう。

さて、ここまででこの製品を検討すべき人が絞られました。

では次にどうしていくか。

大きくはこの質問で分かれると思います。



f:id:yoooooemin:20180903013139j:plain

2:テレビ番組をよく見るか、映画をよく見るか、ゲームをよくするか

○ テレビ番組をよく見る人

テレビ番組をよく見る人は、この製品、オススメです。
なぜならこれ一本で簡単に音質向上できるからです。
サブウーファーを内蔵しているので低音がずんずんと響きます。体で音を聞く体験でき、それが心地よくて感動できます。

僕は音に関しては素人です。素人が聞いて一番はじめに感動するのは、この重低音です。

明らかにテレビ内蔵の重低音とは違います。全然違います。これは保証します。このBoseのsolo5は重低音がめちゃくちゃ出ます。
とはいえ、ホームシアターシステムほどの重低音が出るわけではありません。でも鳴らしたら隣に迷惑がかかるのではないかと心配するくらいには出てくれます。
この製品の重低音は、部屋全体に響くような鳴り方をするので、より感動するわけですね。
確実にここは3万円投資した分は返ってくるポイントです。

男性アナウンサーの音はより聞き取りやすくなりますし、ドラマやアニメの音が重厚感増して化けるので、かなり満足度の高いテレビライフが送れます。


○ 映画をよく見る人

映画をよく見る人は、この製品、微妙かもしれません。
なぜなら音の広がりはないからです。

音そのものはサウンドバーから出てる感がします。空間を感じるような鳴り方はしてないように思えます。
重低音は空間を感じますが、それ以外はサウンドバーから来てる感じ。

映画を楽しみたい人には向かないかと。(サラウンド感がないという意味で)

映画を楽しみたい人で、家の問題とか予算の問題がある人は、個人的にヘッドホンに投資すべきかと思います。
もしくはテレビそのもの?

テレビそのものというのは、たとえば4Kにするとか、インチ数を大きくするとか。

ヘッドホンもワイヤレスのものにしてみるとか。

ライブ映像も同様です。重低音はまるで会場にいるかのようなものを再現してくれますが、いかんせん、音がサウンドバーから聞こえてしまいます。
ライブの音はもっとリバーブとかかかっているほうが、それっぽい体験ができると思うので、僕はヘッドホンで鑑賞することをオススメします。

あ、でもヤマハのYAS-108が名機らしいですよ。映画派の人はヤマハのものをチェックしてみてもいいと思います。


○ ゲームをよくする人

ゲームをよくする人の中で、FPSをよくする人は、この製品は向きません。
RPGなど、音像定位を気にしなくて作品をよくする人は、この製品はオススメできます。

先程も言いましたが、この製品、重低音が空間的に広がります。RPGなど音の向きがさほど重要でない作品にはとても相性がいいと思います。

敵の攻撃音、インサートムービーのBGM、目の前で喋っているかのように聞こえるキャラクターのボイス。
この製品を使えば、より一層ゲーム体験も向上します。

逆にFPSなど、音の方向もプレイングに重要な作品をプレイする方は合いません。なぜならサラウンドに聞こえないからです。
ヘッドホンに投資すべきでしょう。



f:id:yoooooemin:20180903013513j:plain

3:ソニーヤマハではなく、このボーズ製品を選ぶ理由は

さて、ここまででサウンドバーを検討すべき人もだいぶ絞られました。
該当している人は、ここでようやく、どのメーカーのどの製品にすべきか、というところにたどり着けるわけです。

価格com等で調べればいろいろ候補が出てくるかと思います。
ソニーヤマハパナソニックJBL。そしてBose。はてさてどれがいいのでしょう。

ぶっちゃけ店頭で確認すべきなのですが、聞く前にある程度は絞れるかもしれないので、いくつかポイントを書いておきます。

・サイズ

Solo5はコンパクトです。
横幅が55cmくらいしかなく、26型のテレビの横幅と同じくらいです。(僕の環境が26型のテレビ(REGZA 26RE1S)です)

小さいテレビで置き場所もあまりないという方にはこの製品、オススメです。

・色

色はむしろ選択肢がない方で、強いてあげるならソニーですかね。最新のHS-S200Fにはクリームホワイトがあります。
黒はゼッタイ避けたいという人はソニーのを買いましょう。

HDMIリンクの有無

この製品、HDMIが刺さりません。
ソニーパナソニックHDMIが刺さるので、テレビと連動してくれるかと思います。しかしこのSolo5は光デジタルケーブルで接続するので、HDMIほどの連携は望めません。

光デジタルケーブルって何?という人、詳しくはググっていただければと思うのですが、最近のテレビであればだいたいはついていますし、
この製品を買ったときにケーブルは付属してくるので、買い揃える必要はありません。特別になにか買わないといけないということはないです。

HDMIとリンクしないなら、どうやってテレビと連動するのかというと、Bose的には「付属のマルチリモコンを使え」ということになるかと思います。(これは憶測で言っています)
そうです、この製品にはマルチリモコンがついてきます。これで機器と一緒にテレビを操作してくださいということでしょう。

個人的にはあんまり解決になっていないように思えますが、そもそも連動って言ってもテレビが消えたらサウンドバー本体も消える、テレビがついたらサウンドバーもつく、程度の連動でいいわけで、
それくらいならこの製品でもある程度はできます。

テレビがついたらサウンドバー本体もつく機能は「自動ウェイク機能」として搭載されています。

テレビが消えたらサウンドバー本体も消えるという機能は、直接的にはないです。
ですが、60分無信号であれば自動的にオフになるようになっているらしいです。これは特別な設定は要りません。
消す際はサウンドバー単品で電源オフにする形が一般的になるかと思います。

まとめ

この製品の一番の売りは、個人的に、重低音だと思います。

ちゃんとしたホームシアターシステムほどのサブウーファーではないものの、それに近い、空間全体に響く重低音を出してくれるSolo 5。おそらく、この重低音が心を掴むと思います。
購入の際は、このプラス点と、HDMIでリンクしない & サラウンド的な機能はない というマイナス点で迷うことになるでしょう。

買うか買わないかを導き出すのはあなた自身です。ぜひ店頭でじっくり聞いて、悩み抜いて、決めてください。

アマゾンのリンクは以下に貼っておきます。



終わりに

正直に言います。この製品に3万円の価値があるかと言われると、即答できないです。
でも後悔しているかと言われると、それは即座に否定できます。
という点で、おそらくおおむね満足しているのでしょうけど、欲を言えばサラウンド要素も欲しかったなと。

とはいえサラウンドバリバリで楽しみたいのは映画かライブで、そうなってくると大音量で聞きたいわけで、
そうすると(僕の環境下では)どの道ヘッドホンで聞かざるを得なくなるので、サラウンド要素はなくもいいか、という結論を出して納得しています。

値段的にも3万円程度ですので、このコストでこれ以上望むのは欲張り過ぎとも言えます。

何度も言ってますが重低音がやばくて、これに関しては3万円払った甲斐はあったなと思っています。

どうでもいいですが、マルチリモコンの設定にちょっと苦労しました。苦労?というより、すんなりはいかなかったということなんですけど。
まぁできなくはないので、四苦八苦している人は気長に頑張って設定してください。

長くなりましたが、こちらからは以上です。