yoyoyoy Blog

タイトルのYは、本当は大文字

 

iPadProで写真を見るときはご注意を

f:id:yoooooemin:20201018142259j:plain

 

※この話は、Apple純正のアダプタ「USB-C Digital AV Multiportアダプタ」に「Anker 2-in-1 USB 3.0 ポータブルカードリーダー」経由でSDカードの写真を見る時についての注意喚起的記事です。

 

注意喚起と言いましたが、僕の環境だけかもしれないので、話半分で聞いてください。

 

12.9インチiPad Pro(第3世代)に、先ほどの組み合わせで、デジカメで使っていたSDカードの中にある写真を見ようとすると、データが破損してしまうことがあります。

 

破損するのは、いくつかで、全部破損するということではないです。

僕はPanasonic LX100、FUJIFILM X-A7にて、この症状を確認しています。

 

f:id:yoooooemin:20201018142903j:plain

 

上記がLX100のデータ。一番下二つは一本の動画で分割されていますが、これは仕様です。前半部分が0KBになっていて再生できません。

前半部分なのに、作成日時が後半よりもあとになっているのがおかしいです。さした時に何かしら上書きされて破損したのかもしれません。

 

FUJIFILMの方(静止画)でも同じ感じです。何個か0KBになっていました。

 

はじめはFUJIFILMだけかと思いましたが、3年使い続けていままでこんなエラーを起こさなかったPanasonicでもそうなったので、僕はアダプタとカードリーダーを疑っています。

 

静止画で何度も撮れるものに関しては複数枚撮影しておくとかで回避可能ですが、動画の場合だとそういうわけにはいきません。

 

PCにつないだ時に、こんな状態にはならないので、カードリーダーよりもアダプタのほうがより疑わしいです。組み合わせが悪いというのも考えられます。もしかしたらiPadそのものがアカンのかも。。。

 

カメラ側がデュアルスロットでもともとバックアップをしている方ならいいかもしれませんが、シングルスロットで運用していて、かつiPadで確認したい場合は、まずPCなどにバックアップを取ってからにしたほうがいいと思います。

 

これからアダプタやカードリーダーを購入して使おうとしている人も、そういうアクシデントを想定しておいた方が悲しい思いをしなくてもすみそうです。

 

以上です。