yoyoyoy Blog

タイトルのYは、本当は大文字

 

【UE4】ぷちコン映像編に参加したので振り返る【感想編】

f:id:yoooooemin:20200125174205j:plain

こんばんは、織田檸檬です。

先日、ヒストリアさん主催の「ぷちコン映像編」というコンテストに参加しました。

僕はUTworksとして、相方の禾口まる氏とともに映像を作って応募しました。

残念ながら受賞することはできませんでしたが、制作側としてはいろいろ得るものがあったので、振り返りもかねて記事を書いておこうと思います。

 

 

※ 技法サイトの方には、今回の制作で役に立ったチュートリアルなどを備忘録として書き残しています。気になる方はそちら の方も参照してください。

 

【UE4】ぷちコン映像編に参加したので振り返る【技法編】 | YoYoYoY Tips

 

参加したコンテスト

http://historia.co.jp/ue4petitcon-mv

UE4ぷちコン 映像編|株式会社ヒストリア

 

応募動画リスト

www.youtube.com

 

審査結果発表生放送

www.youtube.com

 

応募作:日出処の子海岸

www.youtube.com

 

目標

今回のコンテストはUE4を使って映像を作るというのがテーマだったので、AEなどの動画制作用ソフトはなるべく使わずに作品を作り切る、というのが僕の目標でした。

 

最終的には、UE4側で書き出した連番素材に音を重ねて書き出す作業をAEで行いましたが、それ以外はUE4内で完結できたので良しとしています。

 

がっちゃんこするくらいUE4でもできるのですが、4Kで書き出してフルHDに落とした方が画質がよく見えるという記事をどこかでみたので、止む無くAEを使いました。

おそらくUE4内で4Kで計算しつつ吐き出すのはフルHDでみたいなことはできると思うんですけどね。やり方を調べきれなかったです。

 

内容

そもそもUE4で映像を作ることがはじめてだったので、最大の課題は作り終えることでした。

加えて普段の制作スピード(めちゃ遅い)から考えて、そんなに凝ったことはできないと思い、Megascansのアセットを配置して撮る、カットを切り替える、くらいのものにしようとなりました。

ただそれだとあまりにも味がないなと思ったので、最終的に「なんでもない風景カットだけど、実は岩の海岸が今年の干支であるねずみになっているよ(ドヤァ)」というオチをつけることでなんとか形に仕上げました。

 

そういう伏線的な理由もあり、本当は応募段階でフリガナを振ることができませんでした。審査員の方ごめんなさい。

 

ちなみに正しい読みは「ひいづるところのねずみかいがん」です。

 

 

作業雑感

Megascansアセット重い

僕のPCが低スペック、もしくは自作なのでなにか不具合があったのかもしれませんが、重かった印象です。レベルに配置するだけでも読み込みで一瞬固まりました。

配置の方法はもっとうまいやり方がありそうなので、僕が重たいやり方で配置してるだけだと思いますが、知識不足で作業を鈍らせました。

 

しかしとてもリアルなアセットなので、仕方ないと思います。Megascansを責めるつもりは毛頭ありません。ただの感想です。

 

意外と映像制作ができる

シーケンサーに関して、連番さえ吐き出せば、あとはなんとかAEでつなげようと思っていたのですが、案外使えてしまいました。カメラの切り替わりも特につまづくことなくできたので、悪くないなと思いました。

 

フェードイン・フェードアウトもできるし、アセットを落とせばLUTも使える。ライトの色味も最終の見た目で調整することができて楽しかったです。ここらへんリアルタイムの強みだなと感じました。この体験も大きな収穫でした。

 

レンダリングが爆速

今回のコンテストにおいて一番の収穫だと思いました。この速さは素晴らしいです。

ツイッターいじってる間に書き出しが終わってる。しかも4Kサイズ。っていうのがやっぱりすごいです。(今更)

 

本当はデプスみたいなマルチパス用の画像(C4Dでいうオブジェクトバッファみたいなもの)とかも書き出すことができればなと思ったし、おそらく僕が知らないだけで出来るのではないかと思うんですけど、やり方がわからなかったのでどうすることもできませんでした。

もしそれができたらマジでレンダリングUE4でやるみたいなことは全然ありかもしれないなと思いましたね。

前述のようにリアルタイムなのでイテレーションもまわしやすいですし。

もちろん、まだちょこっとしか使ってないので可能性を感じたレベルですけれども。

 

まぁリアルタイムレンダリングなら、C4DでいうとU-RENDERとかでも代用可能ではありますがね。とりあえずはもっとUE4を触っていこうと思いました。

 

終わりに

 

ということで、振り返りでした。全体的によい経験ができたと思います。

 

個人的にアツイUE4ですが、ただやっぱりどうしてもUE4自体が重いなという印象がまだあります。こんなもんなのか、それとも慣れてないだけなのか、環境が時代おくれなのか。。。

UE4がさくさくな方の環境を知りたいですね。

 

以上です。