YoYoYoY Blog

どうしたら月1万円もブログで稼げるんですか

新海誠展に行ったら絶対にアレを買え!

f:id:yoooooemin:20180817160717j:plain

こんばんは、織田檸檬です。

先日、北九州漫画ミュージアムあるあるCITY 5F)にて開催されている『新海誠』に行ってまいりました。
そこで見つけた、新海誠ファンなら手に入れておきたい、あるブツに関する記事をこれから書いていこうと思います。

貴重な原画や企画書などが見れる


新海誠展は全国各地で期間限定的に開催されていて、今年の夏は北九州で行われています。



展示物には普段見ることが出来ないアニメの原画(色を塗る前の、線で描かれた絵のこと)や企画書の草案、オリジナルのショートクリップなどがあって
ファン以外にも、君の名はなどではじめて監督のことを知った人にも楽しんでもらえる展示会になっています。

展示会そのものもよかったのですが、とりわけ僕が感動したのは、とあるアイテム。

それは展示会と併設されている、ショップに購入できます。

そのブツとはこちら!!


f:id:yoooooemin:20180817160736p:plain

キャラファインアクリル。税込10,584円。

これですこれ。1万円もしてしまう、このデカめのアクリルイラスト。これがマジで買いなのです。

なぜ買いなのか


まずその高精細さが買いの理由のひとつです。

このキャラファインシリーズに使用されている高精細印刷技術は国宝や重要文化財のレプリカ製作にも応用されている技術*1で、めちゃめちゃ完成度が高く
とても美しいです。

f:id:yoooooemin:20180817160808p:plain

新海誠監督の作品は美術のキレイさが一つの売りですが、そのキレイさをほぼそのまま再現できているのが、これのすごいところです。

次にダイナミックレンジの広さ。

上の印刷技術がすごい、と重複するのですが、この高度な印刷技術によって、まるでディスプレイを切り取ったような状態で、絵を飾ることができます。
MacBookProの画面で表示した絵を、そのまま飾っているような感じです。なんど見ても、美しさでため息が出ます。

f:id:yoooooemin:20180817160826p:plain

普通の印刷だと明るさが落ちてしまうところなのですが、このファインアクリルはその明るさを損なうことなく、まるで画面で映しているかようなダイナミックレンジの広さで
印刷されています。本当にすごい。

最後に作品との相性の良さ。

新海さんはデジタルの強みを活かした表現をする方です。デジタルならではの色彩の豊かさや空気感の表現などは、同じデジタルでないと再現しにくいです。
市販されている印刷物は、キレイに印刷されているとはいえ、やはり元の表現力には劣ります。劣化感は否めないです。

しかしこのファインアクリルは違います。本当に印刷物なのか?と疑ってしまうほどのクオリティです。
この最先端の印刷技術と、最先端のデジタルアートを生み出す新海作品が融合したこのアイテムは、まさに至極の一品

1万円は確かに痛いかもですが、相応の満足感が得られることは間違いないです。

ファンはマストバイアイテムです絶対。

f:id:yoooooemin:20180817160855p:plain

厚さは6mmくらい

終わりに

展示会の内容より、このアイテムを入手出来たことのほうが満足度高かったです。それくらいよかった。

もうひと目見たときに「あ、これは買うやつだ」と思いましたね。最初は会場限定のムックとかTシャツとか、細々したものを買おうかなと思ってたんですけども、
見て数秒後にはこれを買ってました。

絵柄はこの「東屋」以外にもあと4種類くらいあります。

あーだこーだ書きましたけども、実際に見てきてください。絶対目を奪われますから。

マジで買いです。オススメです。

以上です。

*1:取扱説明書より