YoYoYoY Blog

ハッピーハロウィン

 

【注意】監獄学園28巻のレビュー【ネタバレ有】

f:id:yoooooemin:20180413215808p:plain

こんばんは、織田檸檬です。

気になっていた監獄学園の最終巻、ついに読了しましたので記事にしたいと思います。

監獄学園 28巻

 

28巻簡易レビュー

 

ラストのオチには物申したい気分

 

多くの人が議論するであろうラストの部分。僕はイマイチ派。

 

おおざっぱにあらすじをまとめると、キヨシ・千代・花の三すくみの状態でいろいろあった結果、キヨシが千代に告白します。

千代は受け入れ、一時は成就したかのようになります。

しかしキヨシはこの時、花のパンツを履いていて、それを花に暴露されます。しかも最悪なことに、我慢していた尿意が限界に達してキヨシは失禁。

もろにキヨシのおしっこをかぶった千代は放心状態になり、シーンはここで終わります。

最後の1ページ。時が経った学園の裏生徒会、闇落ちした千代が会長となっていましたとさ……。

 

これが最終巻の内容ですね。

 

あのままキヨシと千代ちゃんがくっついて花が涙をのんでいれば、キレイにまとまって面白かったなと読後感も良いものになっていたはずです。

なのに結局おバカな顛末を迎えてしまい、挙句千代ちゃんが闇落ちしてしまうという笑

 

僕も千代ちゃんのあんな姿見たくなかった……

 

まぁでもポジティブな見方をすれば、キヨシと花の関係が継続する可能性が生まれたともとれるので、花好きには良かったのかもしれません。

 

いやでもやっぱりなぁ……惜しいなぁ……あそこはキレイにまとめてよかったんじゃないかなと思いますね。

 

どうなんでしょう、この作品のコンセプトを考えた結果なのでしょうか。

監獄学園、ですからね。このままキヨシと千代ちゃんがくっついてしまったら、キヨシと千代ちゃんのラブストーリーマンガになってしまいますので、主旨はズレるのかな。

 

そう考えるならまぁ納得はできるって感じですね。

でもいい気分で本を閉じたかったよ。

 

 

花がやっぱり可愛かった、そしてキヨシはやっぱりアホだった

 

最初はほぼノーマークだった花ですが、途中から魅力的になりましたよね。

それとなく付き合おうと言ってみたり、それをあとで後悔したり、頑なに恋と認めてなかったりするところが可愛いですよね。ちょっと暴力的ですけど、フィクションだから有り。

 

最後の最後も、仕掛けてきたのは花でしたもんね。萌系じゃない絵柄でここまで可愛く思える女の子、僕は久しぶりな感じでした。(いつぶりなのかわからないので、もしかして初?)

 

そしてキヨシ。本当にアホでしたね〜。トイレのくだりは本当にアホ。

特に僕はアニメから入ったクチなので、脳内再生が全部ヒロCなんですよね。容易に再現できるし、再現されるとよりいっそうキヨシのアホさが際立ちます。

 

まぁキヨシだけでなく、ほぼ全員愛すべきアホでしたけどね。

 

面白かったので大変満足、先生お疲れ様でした

 

ラストの展開には物言いがあるとはいえ、大変満足いたしました。読了できて本当によかったし、いままで楽しませてくれて本当にありがとうございました、という感じです。

 

僕、この監獄学園に興味を持ったのは、ヤンマガでも書店でも友人の紹介でもなく、年末年始にあった声優の特番だったんですよね。BSであってたやつです。観た方いらっしゃいます?

 

あの中で生アフレコかなにかのコーナーで、監獄学園のシーンがあったんですよ。ガクトがクソを漏らすシーンですね。あれで興味湧いてアニメを観始めて、そしてその先が気になってマンガを読み始めたんです。

 

ほぼノンストップで読み切っちゃいましたね。毎回先が気になるので、読み進めるのにまったく苦労しませんでした。

それはもちろん、内容が面白かったからに違いありません。28巻もあるマンガにハマったのは久しぶりです。絶望先生以来ですね。

 

とにかくいい体験をさせていただきました。平本アキラ先生、お疲れ様でした。次の作品も頑張ってください。

(たぶん先生本人には届いてないと思うけど汗)

 

終わりに

 

というわけで監獄学園28巻の簡易レビューでした。

 

ネタバレ含んでおいてなんですが、気になった方はぜひ読んでみてください。オススメですよ。

アニメから見るのもいいと思います。キヨシくん、無駄にイケボですので。

 

それでは以上です。