YoYoYoY

このブログは確かに重い。あきらめないで。

RX10M3ってNDフィルター内蔵じゃないんですね

f:id:yoooooemin:20161020192330j:plain

こんばんは、織田檸檬です。

最近新しいカメラが続々と登場していて面白いですよね。

今日はカメラ記事です。

RX10M2とM3の違い

 

そりゃあもちろん望遠性能ですよね。

M2は200mm、M3は600mm。これがコンデジの部類に入るなんてたまげた話です。

しかしM3は絞り値が通しではなく2.4〜4.0と変動します。

M2はその点、絞り値は200mmの望遠でも2.8までいけるみたいです。

 

この点だけみると、やはり新製品のM3の方がいいのかなと思いがちですが、よく見るとNDフィルターが内蔵されていません。

 

f:id:yoooooemin:20161020190850j:plain

 

個人的にちょっと驚いたところです。

 

ですがNDフィルターは別途購入して取り付ければええやん、と思えばそれで済む話なんですけれども。

ただM3になって消えてるとは思いませんでした。

 

RX100M5は順当な進化かも

 

一方、RX100M4の後継機、M5も出ますね。

こちらは順当な進化を遂げてる気がしますね。

M4よりもスロー撮影時間が長くなっているみたいですしおすし。

 

4K撮影時間は変わらず5分が最長ですけれども(ワンショット最大5分という意味です)

まぁ普通5分も回しっぱなしにしないのでは、と思うと妥当な設計だと思います。

 

実況動画とか、室内で長回しする場合はちょっときついですけど、そういう場合はでかい機材使えよっていう話で。

 

2つとも屋外で使うことを想定した時、望遠が200mmいるか600mmいるか、70mmで妥協するかっていうところが迷いどころですよね。

 

実際70mmでもいけるとは思いますが、でも何かあった時に200mmあると安心ですし、600mmあれば怖いものなしですよね。

 

悩みはつきませんね。

 

まとめ

 

NDフィルターは有り無しよりも、絞り値の値が変化することの方が影響大きいんでしょうかね。

どちらにしても、気になりますね。

 

カメラ好きには物足りない内容となってしまいましたが、以上です。

 

 

今日のGIFについて

今回はおやすみです。