YoYoYoY

気まぐれリニューアル

君の名は。を観ました

f:id:yoooooemin:20160906045249g:plain

こんばんは、織田檸檬です。

観てきましたよ、君の名は。

ネタバレあるかもしれないので要注意です。

良かったところ

 

カットの流れとカメラワーク

新海さんは映像で何かを語るのがめちゃ上手いなと改めて思いました。どのカットも仕上がりが良くて、カット毎に一時停止して鑑賞したいと思っちゃう、それくらい美しいです。

あとアニメーションなのにカメラワークがぜんぜん3Dっぽくなくて驚きました。

どうしても3D臭っていうか、ちょっと上手く言い表わせないんですけど、そういう不釣り合いというか平面の絵に親和していない3Dアニメ絵ってあるじゃないですか。

この作品でもカメラが回りこんで映すところがいくつかあるんですけど、その3D臭がなかったように思えます。むしろ綺麗で見入っちゃいました。

新海さんの撮影処理技術に改めて脱帽しました。新海さん、アニメ版世界街歩きとか手がけてくれないかなぁ。

 

東京タイムラプスがかっこいい

RADWIMPSの曲と共にタイムラプスで東京の街並みを俯瞰で撮ってるカットがあるのですが、これも圧巻ですよね。これだけでも映像的価値があるのではと思います。

おそらく、いま地球上で東京全景を描かせたらピカイチなのは新海さんだろうなって思います。

切り取り方も、なんていうか、みんなが憧れる大都会トーキョーって感じで、地方民の僕から観るとぐっと来ます。新海さんの作品を見ると東京に行きたさが増幅されます。東京魅力増幅器ですね新海さんの作品は。おそらく新海さんも上京してきた組だからこそ描けるんじゃないかなと思います。

 

モノローグが心地よい

新海さんの作品はモノローグが結構多いのですが、そのモノローグがとても良くていつまでも聞いていたい気分になれます。

今作でもそのモノローグ力は健在で、とても叙情的で素敵でした。

新海さんのモノローグってシンプルなのにものすごく想像を掻き立てるんですよね。だからこう、モノローグが添えられるだけでなんとなくキャラの輪郭が見えてくるような気がします。これがなんとも言えない趣があってやんごとなきって感じです。

 

ここから雑感

 

映画じゃなくて1クールで見たかった

主人公とヒロインが好き合うのはいいとして、もうちょっとその過程を楽しみたかったなと思いました。映画ではそこは音楽と共に軽快に見せていてそれはそれで良かったんですけど、本音としては、もうちょっと二人が惹かれあうところが見たかった。まぁそりゃ細かいとこ描いてたら2時間じゃ足りませんから仕方ないんですけどね。

 

主題歌カタルシスが薄かった

秒5、言の葉ともに主題歌によるカタルシスが決まってて僕はとても好みだったんですけど、今作は序盤と中盤で主題の歌ものが結構多用されてて、最後のカタルシスは比較的薄かったなという印象でした。

 

なんとなくだけど新海さんらしさは薄かった気がする

今作はいろんな方のアドバイスをもとにエンタメに徹したとのことで、そう言われれば確かに新海さんらしさは薄かったような気がします。

でも新海さんらしさって何だよって話になりますよね。

僕は切なさとか喪失感を匠に映像として落とし込んでくるのが新海さんらしさだと思ってました。新海さんらしさというか、新海さんしか出来ないことかなぁと。(いやもう何様だよって感じですけども)

らしさっていうのはこの場合、ストーリーに限定してます。要はストーリーがあまり新海さんらしくなかった。らしくないというか、せっかくの強みが薄れていると言いましょうか。

でもこれは僕の好みであって、新海さん自身はそういう喪失感とかは関係なく、観てくれた人の励みになるようなものを作りたい、みたいなことを言っていたような気がするので、僕が勝手に変な期待をして外れてぶーぶー文句言ってるだけなんですよね。

 

ただやっぱりどうしても、君の名は。は(星を追う子どももそうですが)企画原案はともかくとして新海さんが脚本しなくても別の誰かでも良かったんじゃないかって感じもするんですよね。

脚本が悪いというわけではなくて。脚本はいいんですけど、でも新海さんじゃなくてもいいのではっていう。

その点、ほしのこえ雲約も秒5も言の葉も、あれは新海さんが脚本しないと成り立たないと思ってて。あの作品群は新海さんの映像表現があってこそだと思うんです。

一方で君の名は。の脚本は例えば細田さんがやっても面白くなったんじゃないかとも思ったりなんかしてね。

 

後にいろいろ記事が出てきて見てみました。やっぱり今回は大衆受けを徹底的に狙ったとのことでしたね。

 

www.itmedia.co.jp

 

それで結果興行収入100億超え。

 

news.yahoo.co.jp

 

先ほどの記事には「自分を知らない層を取り込む」ということが書いてあって、なるほどなと思いました。この作風は戦略だったんですね。

あと1,2本はエンタメに徹した作品を作るとのことだったので、向こう10年くらいはこんな感じなんでしょうね。

知名度を獲得した暁にはぜひ新海さんの好きに作ってもらいたいです。

 

プロデューサーに指摘を受けなかった、初期段階の君の名は。を見てみたい(読んでみたい)なと思いました。どうなってたんでしょうね。超気になります。

ていうか、本気だしたら売れる作品作れるってことを証明してしまいましたね。古参がいっちょまえに感想なんか書いて申し訳なく思ってきました。黙って円盤買おうと思います。

 

まとめ

 

いやーそれにしても平日の昼間なのに見る人が多くてびっくりしました。博多でもあれくらい入ってるのであれば東京が連日満席なのも頷けますね。

ただカップルが結構多かったので、一人で観に行く人は覚悟して行ったほうがいいと思います笑

それにしても君の名は。の円盤化もしくは配信が待ち遠しいですね。僕はコマ送りで観たいです今度は。

言の葉の庭iTunesで買うかブルーレイで買うか迷ってるんですよね。どっちがいいかなぁ。

あ、新海誠Walkers買わなきゃいけないですね。

 

 

そういえば僕は帰りにこれを買いました。

 

 

帰ってしっかり読みたいと思います。 

 

以上です。

 

今日のGIFについて

 

映画とは全く関係のないGIF画像ですが、今回はこちらを参考にしました。

 

design.tutsplus.com

 

Illustratorを経由せず、全部AE上で作りました。あ、嘘です。回転してる星はC4Dで作ってます。

この程度のものならAEでいけますね。ていうか案外AE上で出来ることってあるんだなと思いました。

どうせ最後にAEにもってくなら、イラレでしかできないこと、フォトショでしかできないことをもっといろいろ考えておいてもいいなと思いました。

 

今日のGIFについて A

 

参考資料を探して作る二回目です。

ぶっちゃけしんどいです。。。

ていうのもこれ一個作るのにけっこう時間がかかりました。まぁその分手数も増えて見栄え良く出来てるんですけど。

ここまで手が勝手に動いてくれたら嬉しいですよね。習慣化するにはまだ遠いです。

でも一つだけ、これに対する当たり前な解決策があります。

それは前日までに作ること。

おそらく当日に作ると時間がなくてイライラするので結果楽な方にかたよると思います。

あーでも手を早く動かすってなると、一日で出来てほしい感はありますよね……。

いやまてまて。はじめからいろいろがっついても出来ないですよね。

当面の目標は「参考資料を探して作る」で、いいと思います。うん。