YoYoYoY

このブログは確かに重い。あきらめないで。

今日のGIFについて 拡大版

f:id:yoooooemin:20160811160654g:plain

こんばんは、織田檸檬です。

精神的な夏バテなのか知りませんが、ここ最近はまったくやる気がおきませんでして、進捗が出せずに困っています。

今日はもう雑談みたいな記事を投稿したいと思います。今日"も"ですかね。

今日のGIFについて

 

このGIFはbluetoohと名づけました。理由は色が青っぽくてニョキニョキが歯みたいだなと思ったからです。

顔をつけたのは、はじめはただの棒グラフで面白みがなかったからです。

 

これはひとつのシェイプレイヤーを元に複製をかけています。

ニョキニョキがランダムに動くのはシェイプの線にパスのトリミングをつけて、終端にwiggleを書いているからです。これでうねうねします。

それをグループ化して、さらに楕円2つと楕円の線で顔つくります。僕の好きな映像作家・maxcaffyさんっぽくなりましたね。これは偶然です。

で、それもまたグループ化。その後顔のグループの位置に動く終端のデータを引っ張ってきました。x座標を0に書き換えれば、顔の位置と終端の位置が連動します。

 

僕ちょっとこれ、どうしてできるのかわからないんですよね。だって終端の情報ってパーセンテージでしょう?

パーセンテージがなんで位置の数値に変わるんでしょうかね。

 

と思いましたが、wiggleは数字を返すので、その数字を拾ってきているだけだと思うと納得しました。ていうか実際に数値を見てみるとそうなってました。

 

リピーターで上部を作ったあと、今度はレイヤーのトランスフォームの中の位置に以下のエクスプレッションを書きます。

あ、その前に次元を分割しておきます。

 

x位置には

thisComp.layer(thisLayer,+1).transform.xPosition+60

y位置には

thisComp.layer("シェイプレイヤー 1").transform.yPosition

を書きます。

 

これで元のシェイプレイヤーを上にコピペしていけば、等間隔に横にずれて配置がなされます。しかも最初のやつを動かせば全部が連動します。

間隔を変えた時のことを考えると、+60の部分はスライダー制御か何かに設定しておいた方がより便利かもしれません。

 

あとは文字を打って完成です。じゃーん。

ちなみにこの文字のフォントはPrint dashedというフォントです。

これで今日のGIFは完成です。

 

 

まとめ

エクスプレッション、最近ちょっと敷居が低くなってきたとはいえ、なんかまだそこまで威力を発揮していないというか、あまり便利に感じていないというか……。

もちろん今やったのをキーフレームで管理する気は起きないですけど、なんかもっとうまく活用できるような気がしてなりません。

 

エクスプレッションの道のりはまだまだ果てしないですね。

 

そういえば明日はコミケです。

コミケ行きたかったですね。

 

以上です。